現代のおせち料理について

日本の特有の文化としてこれまで多くの人たちがよりいっそうの工夫を凝らしてきた料理のひとつにおせち料理があります。

おせちに関する問題解決をサポートいたします。

日本においては年末に朝早くから台所で母親が支度をして、父親が仕事の片付けをして、しっかりと一年を迎えるというのが習わしでしたが、こうした文化をきっちりとした形で次の世代まで繋げていくのが伝統文化になります。



こうした取り組みを実施していくなかで、これまで以上にしっかりとした取り組みを行っているのが団塊の世代と呼ばれる60代の人たちになります。団塊の世代においては丁度戦後の日本の復興気に当たる人たちで、各家庭において非常に貧しくて食料に飢えていた時期から少しずつですがゆとりが出てきて、経済的にも余裕があらわれる時期になります。



こうした人たちはおせち料理に対して、非常に興味関心が強く、また、伝統を重んじる傾向にあるため、一人一人が両親の言うことをきっちりとした形で守り、規律正しい生活を送っていた時期になります。
このような世代の人たちがおせち料理について、長年実践し自分達の家庭の味に合わせた形に仕上げていくことがこれまで以上にしっかりとこなしていくようになりました。

現代ではこうした文化を一部の家庭ですが受け持つようになり多くの人たちが伝統の文化であるおせち料理の重みについて考えてしっかりとした取り組みで継承しています。本来のおせち料理の意味をきっちりと理解し、次の世代へとバトンをわたす形で取り組んでいます。