おせちの具材にはそれぞれ意味がある

おせち料理は元旦に食べるものですが、それぞれの料理に意味があることを知っている人も多いでしょう。


特に有名なのが数の子で、沢山の子供が授かれますようにというような意味を持っています。

黒豆はふっくら炊いたものが美味しいですが、豆自体に丈夫や健康という意味があるので、まめに働くという意味が込められています。



田作りは小さくても尾頭つきなので、田作りが円滑にいくようにという意味が込められているようですよ。
意外なことにかまぼこにも意味があります。
おせち料理に使われるかまぼこは紅白のものが殆どですが、紅はめでたさ、白は神聖を表しています。

甘くて美味しい栗きんとんは黄金色に輝いていますから、豊かに1年を過ごすことができるようにという意味があります。



昆布巻きは喜ぶにかけて、一家発展の縁起物として用意されるようですね。

お正月にかかせない煮物は里芋は子芋が沢山つくので、子宝を、レンコンは先を見通せるように、くわいは大きな芽が特徴なので、出世を祈って作られているんですよ。

海老もよくおせち料理に入っている定番のものですが、腰が曲がっているので、腰が曲がるまで長生きができるよう祈って料理として入っています。


酢の物のなますは水引きをかたどったもので、めでたい意味があります。



おめでたいさっぱり料理として口直しにも最適な酢の物です。伊達巻は長崎から伝わった料理なんですよ。

江戸に伝わったカステラかまぼこが伊達者(シャレ者)の着物に似ていたために伊達巻と呼ばれるようになり、昔は大切な文章を巻物にしていたため、おせち料理には巻いた料理が沢山あります。


そんな料理を入れる重箱にも意味があります。めでたいことを重ねるという思いを込めて、重箱に料理を詰めているようですね。
基本は四段重、正式には五段重なんだそうです。

そんなおせちの料理の意味を知ることも楽しみの1つでしょう。